<スポンサードリンク>

2011年04月04日

風水で金運について考える

風水で金運アップについてまとめてみました。
風水の陰陽五行説によれば方位毎にそれぞれ関連する色があり、使い方次第では幸運を呼び込むことも可能となります。
「金は天下の回り物」と言います。
風水で金運に関連している色には、黄色、白色、オレンジ(橙)色、金色が挙げられます。
風水における陰陽五行説の立場からすると、普段身に付ける小物類は運気に少なからず影響を与えるとされています。
風水で金運について考えるとき中でも財布は大事で、金運を上げるか下げるかは財布にかかっているといってもいいかもしれません。
お金は手もとから出て行っては再び戻って来ます。
風水上でも「気」は、常にこの世の中を循環していると考えます。
風水では陰陽のバランスが取れていることが重要であるとされています。
そこで風水で金運では黄色や金色を身に着けている割に、今一つ金運に恵まれないと感じている人は、青色をさりげなく取り入れて陰陽のバランスを保つようにすると良いでしょう。
お金とは大いなる富の流れを金属や紙などの形で物質的に現れたもので、富を象徴した存在と言えます。

・・・・

<スポンサードリンク>


posted by MONEYFOOTH at 12:26| 風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風水における金運アップの色

風水における金運アップの色についてもう少しくわしく説明することにしましょう。
いわゆるラッキーカラーです。
これらの色を生活に取り入れることは、金運アップのための一助とすることができます。
黄色は、風水においては、金運を引き付ける基本色です。
金色も、黄色に負けず強力なラッキーカラーです。
ただし、風水の観点から言うと、肝心なのはお金を扱う本人がお金をどう受け取り手放すかなのです。


クリックすると画像が大きくなります。おススメです。私は違うの買っちゃってちょっと後悔してます。もう一つは無理です(笑)



お金を使うと言っても、何も無駄遣いをすれば良いというわけではありません。
単なる浪費では「死に金」となり、金運が去っていきます。
時々、カードやらレシートやらでパンパンになった財布を見かけることがありますが、これではお金が出て行く一方になり、風水の点からも好ましくありません。
財布の中身を整理し、すっきりさせて気の流れを良くしましょう。
こうしてみると、風水における金運の本質が大体つかめることでしょう。
適度にお金を循環させることが、金運アップのためにも大切なことなのです。


・・・・
posted by MONEYFOOTH at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風水における金運

よく黄色の財布が金運アップに効果があると言われますが、実際のところ、黄色にこだわることはありません。
茶色の財布も金運アップにおすすめです。
ただし、赤色の財布は風水の面でお金を燃やすとされるので避けるのが賢明です。
お金その物に善悪があるのではありません。
それと、風水における金運とパワーストーンについてですが、金運に関係があるパワーストーンとしては、
タイガーアイ、トパーズ、ルチルクオーツ、シトリンなどが挙げられます。
パワーストーンを買うことは、自分の忠実なパートナーとの出会いに似ています。
原則的に金運をもたらすパワーストーンは、仕事運や学業運にも関連しています。
なおパワーストーン購入後に即座に金運がアップするわけではありません。
因みに、いろいろな風水の専門家によれば、今年は黄色、ピンク(桃)色、金色がラッキーカラーのようです。
ベージュは、今年のサブのラッキーカラーです。
お金に対して肯定的な意識を持つことは風水を応用して、金運を上げるための基本となるのです。


・・・・

<スポンサードリンク>


posted by MONEYFOOTH at 12:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。