<スポンサードリンク>

2011年04月04日

風水で金運について考える

風水で金運アップについてまとめてみました。
風水の陰陽五行説によれば方位毎にそれぞれ関連する色があり、使い方次第では幸運を呼び込むことも可能となります。
「金は天下の回り物」と言います。
風水で金運に関連している色には、黄色、白色、オレンジ(橙)色、金色が挙げられます。
風水における陰陽五行説の立場からすると、普段身に付ける小物類は運気に少なからず影響を与えるとされています。
風水で金運について考えるとき中でも財布は大事で、金運を上げるか下げるかは財布にかかっているといってもいいかもしれません。
お金は手もとから出て行っては再び戻って来ます。
風水上でも「気」は、常にこの世の中を循環していると考えます。
風水では陰陽のバランスが取れていることが重要であるとされています。
そこで風水で金運では黄色や金色を身に着けている割に、今一つ金運に恵まれないと感じている人は、青色をさりげなく取り入れて陰陽のバランスを保つようにすると良いでしょう。
お金とは大いなる富の流れを金属や紙などの形で物質的に現れたもので、富を象徴した存在と言えます。

・・・・

<スポンサードリンク>


posted by MONEYFOOTH at 12:26| 風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。